×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

おすすめバーベル一覧

送料を入れてもコストパフォーマンスの高い商品を取り扱っているファイティングロードのバーベルが人気です。シャフト長さの選択の幅はあまりありませんが安全で質も良く満足度も高いです。これからバーベルでのフリーウェイトトレーニングを始めたい方に特におすすめの商品です。

バーベル ラバータイプ

バーベル ラバータイプ

バーベル ブラックタイプ

バーベル ブラックタイプ

シャフト (単品)

シャフト (単品)
シャフト付きで扱いやすく、床がフローリングでも傷のつかないラバータイプ。
シャフト付きで見た目かっこよく、手入れもしやすいブラックタイプ。ラバーがない分安いです。
シャフトの長さ、タイプを変えたい方に。値段の割にしっかりしていると口コミでも高評価です。

ダンベル/バーベル 置き場所に困る?

バーベル ラック

ダンベルはともかく、バーベルはバーが長いので置き場所もある程度必要、また重さがありますから、床が傷まないために、置き場所にはラックを使うことをおすすめします。

ダンベルひとつやふたつなら、より場所を取ることにもなりますが、インテリアとして見た目も良く、出し入れがしやすい、ダンベル・バーベルが複数になったとき整理しやすいなどのメリットがあります。

本格志向や専用のラックなどもありますが、ダンベルが落下せず、きちんと固定できるように工夫すれば、ホームセンターなどで手に入る棚などでも問題ないと思います。

ラックまで必要ないという場合は、ラバータイプのものがおすすめ、ランキングでも人気です。

バーベル/ダンベル 売上ランキング

他のバーベルも見てみる|バーベル/ダンベル取扱サイト

ファイティングロード

当サイトに掲載されているバーベル・ダンベルを取り扱っているサイト。コストパフォーマンスの高い商品が魅力。

ボディメーカー

プレート、シャフト、ラックなどの品ぞろえや重さ・長さ・形の種類も豊富。

ティズスタイル

ランキング入賞の商品が多数!トレーニング、エクササイズ用品通販サイト

バーベル・ダンベルを通販で購入するならこのお店が人気です。ファイティングロードはトレーニング方法の解説DVD付きで価格も安く、質も良いのでおすすめなんです。

家でトレーニングを行う場合、重量が調節できるタイプの方が置き場所に困らず、さまざまなウェイトでトレーニングできるのでおすすめです。ダンベルとバーベルは違いが若干分かりにくいですが、バーベルの方がシャフトが長く、より高負荷の筋トレができます。

バーベルやダンベルのウェイトトレーニングはトレーニングで筋肉を疲労させて、トレーニング後の休ませる段階で筋肉を発達させます。筋トレに限らず手軽に始められる器具ですが、胸筋、腹筋、背筋、肩筋、前腕、脚、上腕二頭筋、上腕三頭筋などさまざまな部位を鍛えられます。オーバーワークにならず、方法を正しく行いましょう。

Copyright © バーベル 通販 販売店はこちら All rights reserved